千葉県柏市の歯科医院|ライフタウン歯科クリニック

歯の健康を保つための治療、予防への注力を心がけております。歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科

Red

HOME ≫ インプラント VS 入れ歯 ≫

記事一覧タイトル

インプラントと入れ歯とどちらが総合的にいいのでしょうか?

歯が全くなくなって島た場合、入れ歯はどのように固定されるのでしょう。簡単に言えば、歯茎の上に乗っかってお口の水溶成分が入れ歯と歯茎をくっつけて動かないように工夫して作られます。いわゆる吸着力という力です。入れ歯と歯茎の間に空気が入らないように辺縁封鎖というのも大切です。しかしながら、誰でもこの力が安定している訳ではありません。残っている歯茎の大きさや舌の大きさ等色々な条件が良くなければ、入れ歯はカタカタしてしまいます。そのため、最近では入れ歯安定剤が活躍中です。吸着力をアップするにはとても簡便な材料です。どうじても入れ歯がカタカタする場合にはこちらを活用しましょう。ただし、一度は歯科医院で歯茎と入れ歯のカタツキを最小限にしてもらいましょう。そうしないと、余計歯茎にダメージがきてしまいます。
 一方で、インプラントを利用した入れ歯の場合はどうでしょう。いわゆる吸着力の代わりにインプラントで義歯をいつもの位置に固定してくれます。インプラントと義歯が、ちょうどマジックペンの本体とキャップのようにカチッと入ってキャップが本体に固定されるのと同じように固定されます。そのため、カタツクことなく食事が楽しめます。
 歯がないと、柔らかい食事を止むなく選ぶしかなくなります。うちにいらしている方でも両者を比べますと本当に食事に差が顕著に現れています。
 そもそも、ご自分の歯を若いうちから歯周病、咬合力、虫歯から予防していれば良いのですが、予防の時代はここ最近になってからです。今の子供たちは、少なくとも3ヶ月に1回は虫歯のチェックとフッ素を活用して50年後になってお美味しく食べれるようにしてほしいです。もちろん、今成人になった人でも、ご自身の歯をしっかり確認して必要であれば治療して、その後は定期的にチェックをしていきましょう。
04-7135-0748
lifetowndentalclinic@mail.goo.ne.jp
千葉県柏市松葉町1丁目16−6



ブログカテゴリ

モバイルサイト

ライフタウン歯科クリニックスマホサイトQRコード

ライフタウン歯科クリニックモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!